すみわかる

アラフィフ主婦の興味のあることを吐露してます。たまに為になることも書く所存。読んだ人がほくそ笑んでくれることを願いつつブログを書いてます!

摩訶不思議!方向感覚に優れている人の話

ちょっと前、方向感覚について二人の知り合いと別々のタイミングで話し合ってみました。

ちなみに私は生粋の方向音痴ですが、知り合い二人は方向感覚がかなりしっかりしているタイプです。

彼ら曰く、「基本的にどこへ行っても脳内GPSが作動している。」とのこと。

自分の前方が東西南北のどこを指しているのかを常に察知しているそうなのです。

かたや、GPS非装備の私は、自分の前方が東西南北のどこを指しているのかなんて、脳から連絡がきたことが一切ありません(笑)。

 その知り合いたちはこうも言います。

「今いる場所の地図を空中から眺めている視点が常にあり、自分が方向を変えるとその地図も自分に合わせてくるりと回る。」と。

こちとら、生まれてからいっときも、そのような視点を持ったこともありません。

しかも自分が動けば地図もくるりと回るという話に至っては、「おい、嘘だろぉ。作り話してんじゃねーよ(笑)。」と思ってしまいました。

ですが、あちら側に言わせると、「そもそも頭に地図が入ってないって?嘘だろぉ。じゃあ、どうやって目的地まで行くんだよ(笑)。」とのことでした(笑)。

 

確かに、どうやって私は目的地までたどり着いているんだろうか・・・。思い起こせば、なんとなく目的地に着けてる感じかなぁ。

その中でかなり遠回り(無駄な動き)をしている感も否めない。もちろん、たどり着けないこともしばしばあります(笑)。

同じ人間なのに、目的地にたどり着くまでの見えない手段がこうも違うとは、実に感慨深いことであります。

 

でも、まぁ、どこに向かうにしても無事に着ければラッキー!くらいでいーんじゃない?

そんなわけにはいかないか(笑)!!