すみわかる

アラフィフ主婦の興味のあることを吐露してます。たまに為になることも書く所存。読んだ人がほくそ笑んでくれることを願いつつブログを書いてます!

靴下のようにフィットしたスリッパが欲しい

私のハンドルネームが何故「あしのこう」なのかというと、自分の体の部位で一番好きなのが足の甲だからだ。もっと詳しくいうならば、バレエダンサーのように足の甲を山なりに突き出すと、ボコボコと骨が浮き出てくる場所があると思うんだけど、その一番高い所から足の指の付け根までの3〜5cm(個人差あり)の部分が好きなのだ。

 

果たしてその3〜5cmの部位にも名前があるのかいな、と一応調べては見たけど私のサーチ能力では調べきれなかったので、リズムの良い「あしのこう」とネーミングするとこにしたのだ。

 

と言っても今日はそんな話ではない。スリッパ、スリッパ問題についてである。私は年に少なくとも4、5回は家で履くスリッパを買い替えている。基本的にはウォッシャブル対応されている物を買うのだが、気に入ってしまえばその限りでは無く、その時々で様々な物を試している。

 

ただし、気に入った物はなかなか手放せず、洗濯不可にもかかわらず、何とかして洗って長く履こうとしたりする。それが今年2年目(冬用)になる我が家一階専用のスリッパ。ロフトで一目惚れして即買いしたヤツだ。甲表全体がボアで覆われていて底はゴム仕様になっている。少し重いけど寒さから足元を守ってくれる優れ物だ。

 

まぁ、冬用のスリッパは例外として、季節を問わずリビングで履くスリッパは靴下の如く足のサイズにピッタリと沿っている物が欲しいのだ。

 

私の足のサイズは22cmで幅も細め。市販の物だと最初こそまだ良いのだけれど、履き慣れてくるとスリッパの中で足が踊っちゃう。だから足の指に力を入れて甲表の布を持ち上げるようにして歩くとか、全体を引きずるように進むとか、不安定さをカバーするような真似を毎度やっていたりする。

 

だけどその行いが、知らぬ間に体全体を歪ませているようでイヤなのだ。しかも昨年は椎間板ヘルニアもやったし、体に要らぬ負荷をかけたくないという思いがテラ強い。

 

そう言った理由でまめにスリッパを買い換えているというのもあるし、単純に汚くなってこれ以上は無理!って感じになったら新しい物に換えたりしている。

 

で、今履いているスリッパがまさにその2つの限界点を超えたので、新しいのを買ってきた。全長が18cmかかとが3cmの超小ぶりのヤツ(ダイエットスリッパと言われていたりもする)。新品なのも手伝って今のところいい感じにフィットしていて嬉しい。

 

そういえばネットショップでスリッパって検索してみたことなかったなぁ。次回チェンジする頃にちょっくら覗いてみよう。もしかしたら靴下並みに足にフィットする一品が見つかるかもしれない。