すみわかる

アラフィフ主婦の興味のあることを吐露してます。たまに為になることも書く所存。読んだ人がほくそ笑んでくれることを願いつつブログを書いてます!

話が噛み合わないことについて(少しだけ)考えてみました

話が噛み合わない時って「話が通じないのではなく、気持ちを通じさせていない。」のだなぁ、と思います。 何の前触れもなく、なんだかすいません(笑)。 最近、何かがあった訳ではないのですが、過去のうまくいかなかった人間関係や、やり取りをブワッと思…

エヴァンゲリオンの映画が楽しみです

とうとう今年の6月、エヴァンゲリオン新劇場版をやるらしいですね。 待ってましたっ!前作から何年あいているんでしょうかね? カチャカチャカチャ(Google先生に質問中)なんと! 2012年からの8年振りとなるそうです。 あと5ヶ月の辛抱と聞いても待ち遠しい…

グレイヘア、挫折しそうです(笑)

昨年から高い志を持って歩み出したグレイヘア道ですが、ここへ来て挫折しそうです(笑)。 使っているシルバーシャンプーは過去に染めたヘアカラーの褪色を抑えてくれ、なおかつ白髪にもうっすらグレーが入ります。 なのであの「自分ここで生えてますから!…

摩訶不思議!方向感覚に優れている人の話

ちょっと前、方向感覚について二人の知り合いと別々のタイミングで話し合ってみました。 ちなみに私は生粋の方向音痴ですが、知り合い二人は方向感覚がかなりしっかりしているタイプです。 彼ら曰く、「基本的にどこへ行っても脳内GPSが作動している。」との…

本の整理から分かる心の動き

定期的に本の整理をします。これからも手元に置いておきたい本と、もうサヨナラしてもよい本を分けます。 今回は長いこと整理していなかったようで、手元から離れていく本の数が十冊近くになりました。 いつもは多くても二、三冊です。読み終わると割と直ぐ…

最近ハマっている深煎り珈琲

朝は一、二杯白湯を飲むんですが、胃腸の調子がいい時や、午前中に眠気が襲ってきた時に珈琲を飲みます。あと、デザート、パン、ホットケーキのお供にも珈琲を選ぶ率が高いです。 で、最近自宅飲みの定番となっている珈琲が「森彦の時間」です。 1枚目は浅煎…

自分が勝手に上がる曲、それはクロノ・トリガー

自分が上がる曲がいくつかあるんだけど、そのうちの一つが「クロノ・トリガー」です。 これはクロノ・トリガーというゲームのオープニングに使われていた曲で、曲名もゲームタイトルそのまんまです。 もうずーっと、YouTubeでupされてから何十年も聴いてます…

演技する才能の無さに気づかされた話

凄いなぁ、と思う職業はたくさんあるけど、その中で群を抜いて憧れているのが役者さんです。 もし生まれ変わることがあったら、是非とも役者道をひた走りたいと思っています。 来世で、とかそんな不確定なことを言わずに、今からやってみればいいじゃないか…

観るのと、やるのは別もの。

1月も半分を過ぎようとしていますね。 正月休みや連休が終わり、今日から本格的に生活の通常運転が始りました。 私にとって生活の通常運転の象徴と言えば、毎朝夫のお弁当を作ることなのですが、これがとても苦手。というか家事の中で料理すること自体がとて…

すごくモテる男の人の話

「飲み屋の女の子がね、勝手に彼の自宅に訪ねてきちゃうんだよ。」 とんでもなくモテる友人がいて、その人と連れ立って飲みに行くと、店の女の子をみんな彼にもっていかれてしまうんだ、と友人男性がぼやいてきた。二十代前半の話である。 そんな男、この世…

せっかち

たまに「せっかちだね。」と言われることがある。 自分ではそう思ったことはないが、ちょっとした誘いや、問いに対して、やたら時間をかけて答える人と対話したりすると、 別に家を買えと言っているわけでもないのに、どうしてそんなに時間がかかるのだ、と…

こっちの言うことを聞かない前髪の話

私は自分の顔立ちが劇画タッチなので、なるべくそのリアルなおもむきを和らげるようなヘアスタイルにするように心掛けている。 中でも前髪は顔全体の印象を大きく左右するのでうまく活用していきたいところだ、と常に思っているが、実は思っているだけで実際…

靴下のようにフィットしたスリッパが欲しい

私のハンドルネームが何故「あしのこう」なのかというと、自分の体の部位で一番好きなのが足の甲だからだ。もっと詳しくいうならば、バレエダンサーのように足の甲を山なりに突き出すと、ボコボコと骨が浮き出てくる場所があると思うんだけど、その一番高い…

1999年と2020年

あけましておめでとうございます。( ´ ▽ ` ) 今年もよろしくお願いしま〜す。 昨日は本当に元旦だったのか?と疑わしく思うほど、いつもと変わらぬ生活を送っております。蕎麦と餅こそ食べてみたけれど、まー食べるよね平時だって、なくらいで特段ハッピーニ…

自分の前世を考えてみた

たまーに女の人と話をしていると、自分の前世は何なのか、という会話になったりする。で、そういう時大抵話し相手は既に答えを持っいたりする。 「私はイタリア人かスペイン人だったと思う。」と今生の私がいたくヨーロッパに興味を持っていることを根拠に、…

NO MUSIC NO LIFEな筈なのに

どうしてか分からないんだけど、コンサートに行くのが苦手だ。音楽は好きでよく聞くし、自分でも歌うし踊るしで、音楽を心から楽しめている派だと思うんだけど、何故かコンサートだけはなんか苦手だ。 私のコンサート歴は中学生の時に仲間といったとあるバン…

子供の頃やたらと怪我していたという話

私は子供の頃しょっちゅう怪我をしていた。大袈裟でなく、身体のどこかしらにいつも傷があった。無類のボール遊びが好きだったことと、やや内旋気味の膝がうまく使えずによく転んでいた。しかも完治する前の患部をさらに転んで血まみれにするという荒業をよ…

同じ人と次に会うことが苦手

初対面の人と話すのが苦手という人がいるのを聞いたことがある。人に限らず初めての場所に行くのもイヤだという人もいるらしい。 その気持ち、分からなくもないが同意もできない。何故なら私の場合、知らない人に会いに行く時も、新天地に赴く時も、身体中が…

今年のM1を観て思ったこと

今回のM1ぱぺこが面白かったなぁ〜、あれ?ぱぺこであってたっけ、と思ってググってみたら「ぺこぱ」だった。(笑)ぱぺこって入力したのにきちんと「ぺこぱ」に辿り着かせてくれる、Google先生の底力に感服しつつ、今録画していた明石家サンタをテレビ画面…

ライフスタイルと履き物

あの頃の冬、クリーム色の厚底ブーツを履いていたことを、ふと思い出した。1990年の初めの頃だと思う。そのブーツは卑弥呼というブランドのもので、お金も無いのに一目惚れしちゃったから衝動買いしたという代物だった。 確か、そのブーツとよくコーディネイ…

サンタケイムホーム、バット

今週のお題「クリスマス」 私はサンタからプレゼントを受け取ったことがない。なぜならそれは・・・。 北海道のとある町のオンボロ長屋団地に私は18歳まで住んでいた。 そこは1階に台所の付いた10畳くらいの居間と、2階に4畳半と6畳の部屋が2つあった。あと…

人生で一度だけ大号泣しながら観た映画

最近カテゴリーが「雑記」ばかりになっている。 何気にやることが多くて、頭がうまく回らなくなっている時は、自分のこと特に昔話を引っ張り出して書き出すのが手っ取り早い。 だから必然的に雑記が多くなってくる。 じゃあ、暇な時にゆっくり書けばいいじゃ…

昔の自分に言えるなら

基本的に四十数年生きてきて 後悔とか、あそこであの角を 右に曲がっておけば きっと今とは違う人生を おくれていたはずみたいな 「たられば」ってないんだけど もし昔の、特に小学生くらいの自分に 何かアドバイスができるとするならば 是非とも言いたいこ…

本音を言わない人との会話は長くなる

あれ?この話って こんなに長くかかる内容だったっけ? って思うやりとりがたまーにある。 まだメールが主流だった頃は 特段思わなかったんだけれど 連絡のツールがTwitterとかLINEとかの 短めセンテンスになった辺りから 同じ内容を話しても人によって えら…

主婦がハンドクリームを塗るタイミング

1ヶ月前くらいに一度 主婦がハンドクリームを塗る ベストなタイミングはいつか? をテーマに800字ほど書いてみたんだけど 書いている途中で 自分なりの答えが出てしまって(笑) 記事自体も削除してしまっていた。 だけどやっぱり 主婦のハンドクリームを塗…

遅刻が減った②ジッセン編

こちらの ↓ 続きです。 www.sumiwakaru.com 気になる方は 是非読んでみて下さい。 日はあきましたが実践編 スタートします。 私は自分の遅刻癖を治す為 あることを実践しました。 それはシャワーの時間をずらすこと、です。 これはどういうことかというと 自…

昼間、電気をつけると負けた気がする

15時を過ぎたあたりから カーテンを閉めて 部屋の電気をつけようかどうか 迷っている。 そこから40分を過ぎた現在 まだ、電気もつけてないし カーテンも閉めていない。 今日は昼過ぎからあいにくの曇り空。 お空に太陽が見当たらない。 だから家の中まで照…

今日は双子座満月

満月らしいですよ、双子座で。 一週間ばかり家を離れて 地元に戻っていた。 しっかりipadは持って行ったものの ブログを書けたのは1日目だけ。 あとはキーボードを叩く気力も 時間も無くなっちゃった。 持っていった本も少しだけしか 読むことができなかった…

遅刻が減った①キッカケ編

「時間にルーズな人間は 何事においてもだらしがない。」 by 昔の知人 遅刻するとあからさまに表情を変えて 不機嫌になる女の人がいた。 例え、それが2分、1分、いや30秒でも その人からは堪忍袋の切れる音がした。 彼女曰く、事前に連絡があれば まぁ、情状…

母の想いは難しい

私の母は、私の家から 300キロ以上離れた小さな町に 住んでいる。 正月、ゴールデンウィーク、お盆。 それらの前には必ず母から いつ帰ってくるのCallがくる。 帰れない時は、帰れない。 帰れる時は、帰れる。 そんな風に淡々と答えるのだが 実は私、このや…